仙台・定禅寺通りアート・プロジェクト

「けやきに花を」
〜定禅寺通りまで西公園の桜並木を
延長するアート・プロジェクト〜

2007年4月16日〜22日
4/16〜20:制作
4/21・22:週末お花見イベント
「お花見アーティストトーク」
「第12回定禅寺通りジャすフェス」
「高校生バンドライブ」 など

定禅寺通りグリーンベルト全域
(宮城県仙台市青葉区)

主催:ハロー定禅寺村、門脇篤まちとアート研究所
共催:定禅寺ジャすフェス、SENDAIcompleX
協賛:仙台市商工会議所、兜衰C建設、
宮澤真、杜の教室
協力:仙台アートシティプロジェクト実行委員会、
    東北文化学園大学seaふれんず(手話サークル)、
制作会社COPY、中本誠司現代美術館、
活黶E四・一

後援:仙台市、仙台市教育委員会

プロジェクトに関するお問合せ:
門脇篤まちとアート研究所
仙台市青葉区片平1-3-2-504
070-5621-2301
info@kadowakiart.com


 

わたしの街のアート・プロジェクト

街は舞台。さまざまな人が、興味や得意なことを持ちよって、裸のけやき並木に花を咲かせるアート・プロジェクトです。
それは桜の名所・西公園からつづく「さくら並木」となって、春の定禅寺通りをかざります。
プロジェクトではさまざまな参加を募集しています。

《募集しています!》
→詳細はこちら

1.ピンクの毛糸を送ってください
2.制作参加希望者
3.ボランティア・スタッフ
4.プチ・スポンサー
5.第12回ジャすフェス参加希望者

コンセプト
私は主に毛糸を使ったインスタレーション作品を、屋外で大規模に制作・展示するといったアート制作活動を行っています(詳しくはこちら)。
定禅寺通りのけやき並木は、杜の都仙台の代名詞。桜が咲き始める時期を選んで、まだまだ裸のけやきにピンクの毛糸を結び、桜色の廻廊を出現、桜の名所・西公園から定禅寺通りまで、桜並木を「延長」します。
はるか無効までつづく並木道に、ゆらゆらとゆれる霞がかかったかのようなあたたかな色の重なりは、この通りの新たな魅力をひきだす作品となるだけでなく、これを通してこの街に住むさまざまな人がふれあう場として、新たな街の可能性を提案するものとなるでしょう。

門脇篤
門脇篤まちとアート研究所
仙台市青葉区片平1-3-2-504
070-5621-2301
info@kadowakiart.com


公開共同制作 *****

4月16日(月)〜4月20日(金)おおむね10:00〜21:00
アーティストといっしょに定禅寺通りグリーンベルト一帯に毛糸を結ぶアート作品を制作します。
ボランティアスタッフの指導のもと、通りかかった人もその場で気軽に制作参加できます。
※参加にともなう事故やトラブルに関しては、主催者側はいっさい責任を負わないことに同意願います。

週末お花見イベント ******
4月21日(土)・22日(日)10:00〜17:00

@お花見ウィーキング・ツアー
両日とも、10:00〜、14:00〜の2回。各回約30分を予定。
アーティストやスタッフとともに共同制作した作品を見て歩くお散歩ツアー。東北文化学園大学手話サークル「seaふれんず」による手話通訳付です。

A「第2回世界紙船競艇選手権仙台大会」
第1回船橋大会(06年11月)にひきつづき、仙台大会を行います。

B第12回定禅寺ジャすフェス
参加希望者による展示や公演。参加者募集中です。
【参加予定】 >>>詳しくはこちら
☆喫茶「珈巣多夢」 (オープン・カフェ)
☆ノスタルジーTシャツZuttug(オリジナルTシャツ)
☆スタジオキメラ(オリジナルTシャツとポストカード)
☆yummy!(アイロンビーズ)  ほか
【定禅寺ジャすフェスとは】 (mixiのコミュニティより
「ジャす」とは仙台弁でジャージのこと。 ジャすのお祭り…つまりジャすを着ていてでも参加できるぐらい気軽でゆるい感じのイベントです。 ジャすフェスはこれまでにないくらいみなさんの 意見が反映されるイベントです。 だまされたと思って30分くらいゆっくりしてみてください。 外側から見るのと別世界があります。 そしてもし、ここでこんなことしたいなあ、 というアイデアが生まれたら、 スタッフ(一番脱力してる人たち)に話してみてください。 せんだいは、夢が叶うところです。

Cお花見ライブ
21日(土)10:30より地元高校生バンドが熱演。
☆w-m
☆PHALS
☆ミスターポポ  ほか

Link企画 ******
本プロジェクトは、4/29・30に一番町四丁目商店街屋定禅寺通りを舞台に繰り広げられる「仙台アートシティプロジェクト"ART仙台場所"」のLink企画です。

 

企 画 概 要

【企画タイトル】
「けやきに花を〜定禅寺通りまで西公園の桜並木を延長するアート・プロジェクト」

【実施内容】
1.定禅寺通りを舞台としたスケール感ある現代アート作品の制作・展示。定禅寺通りのけやき並木に桜色の毛糸を結んで、花見の桜を西公園から定禅寺通りまで「延長」する。
2.制作にあたっては参加希望者を募り、市民参加で行う。使用するピンクの毛糸も全国から募集する。
3.
作品の下で作品を展示したり、コンサートを開いたりしたい方などを募り、アートによるお花見の場(にぎわいの場)をつくりだす。
4.4/28・29を中心に仙台市中心部一帯で行われる「仙台アートシティプロジェクトと連携し、4月を仙台での「アート月間」として盛り上げる。

【開催期間およびスケジュール】
2007年4月16日(月)〜22日(日)
 ※ 23日(月)撤去

4月16日(月)〜4月20日(金):制作
アーティストおよび市民参加による制作。
「共同制作エリア」を設定し、ボランティア・スタッフの指導のもと、通りかかった人も気軽に制作参加できる。

4月21日(土)・22日(日):週末お花見イベント
@「お花見ウォーキングツアー」
アーティストによる作品解説。手話ガイド付。各日とも10:00〜、14:00〜  
A「第2回世界紙船競艇選手権仙台大会」
第1回船橋大会(06年11月)にひきつづき、仙台大会を行います。
B「第12回定禅寺通りジャすフェス」
オープン・カフェや参加希望者による作品展示ブースなど。
C「お花見ライブ」
地元高校生バンド4組による熱演。21日10:30〜

【開催場所】
定禅寺通りグリーンベルト全域(一番町〜市民会館前)

【主催等】
主催:ハロー定禅寺村、門脇篤まちとアート研究所
共催:定禅寺ジャすフェス、SENDAIcompleX
協賛:仙台市商工会議所、兜衰C建設、宮澤真、杜の教室
協力:仙台アートシティプロジェクト実行委員会、
    東北文化学園大学seaふれんず(手話サークル)、
    制作会社COPY
、中本誠司現代美術館、
    活黶E四・一
後援:仙台市、仙台市教育委員会

【企画背景】
仙台では近年、村上タカシ氏が2度にわたる仙台を舞台としたアート・プロジェクト「TANABATA.org Art Project」(2003,2004)を開催したほか、現代アートの重鎮・高山登氏が市民を巻き込んだプロジェクト「ホワイト大作戦」を敢行するなど、現代美術の分野では近年充実した環境が整いつつあります。
一方、杜の都仙台のシンボルともいうべき定禅寺通りでは、「定禅寺ストリート・ジャズ・フェスティバル」や「光のページェント」をはじめ市民主体によるビッグ・イベントが継続的に行われ、活気ある街づくりをリードしています。
そうした中、仙台に住み、アート活動を行う者として、自分の街を舞台としたスケール感のあるアート作品を制作したいと思い、本企画を立案しました。


ブログ

関連リンク

フライヤー  
仙台七夕
募集しています
定禅寺ストリートジャズフェスティバル
出展・出演者リスト
SENDAI光のページェント
 
せんだいメディアテーク
毛糸のインスタレーション yarn works
仙台市
SATOKO
自家焙煎炭焼きコーヒー珈巣多夢
仙台商工会議所
home
仙台アートシティプロジェクト
 
中本誠司現代美術館
 
活黶E四・一